マイナンバーの収集代行

会社の従業員のマイナンバーは社会保険や税の手続きのために収集しなければなりません。マイナンバーは2016年に実施されて従業員には通知カードが届いているはずです。

その通知カードを集めるのでなく番号をあつめて正しい内容か確認をする必要があるということです。


具体的な方法としては郵送などでマイナンバーを記入する用紙を送り、そこに通知カードのコピーと本人確認ができるものを返送してもらうということになります。

マイナンバーの収集代行を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

これはなりすましを防止するために必要なことになります。

また手続きにおいて紛失を防ぐためにも郵送手段を考えなければなりません。

本人確認は通知カードだけではできないために免許証やパスポートの内容、もしくは健康保険証と住民票などともに確認をすることになります。


もし個人番号カードを持っている場合はそれだけで本人確認まで行うことができことになります。
収集した内容を会社では保管をして社会保険や税金の手続きに使用することになります。



退職した場合はマイナンバーの情報も消去しなければなりません。

このような業務を請け負う収集代行があります。収集代行に依頼することで郵送などでマイナンバーを記入する用紙を送付したり本人確認を行うといった作業を任せることができます。

livedoorニュースの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

収集代行を使用するメリットはこれら運用や管理の仕組みができているということで会社としては情報漏えいといったリスクを減らすことができるので、収集代行に業務を委託するのもひとつの方法となります。