マイナンバーの保管について

マイナンバーとは、一般的な本人確認として証明になる本人証明書として使用することができる顔つきの公的身分証明書として利用できるもので、保管を厳重にしておかないと、個人情報がマイナンバーから漏れてしまいます。

例えば、住所や電話番号はもちろん、年収などまでも分かってしまいます。

満足度の高いリクナビNEXT JOURNALが今、話題になっています。

したがって、マイナンバーを保管する場合は、免許証やクレジットカードなどのような非常に重要なものと同じ扱いをし、保管しなければなりません。

マイナンバーの保管について悩んでいませんか。

自治体から配布された、紙のマイナンバーや写真付きの証明書を発行した人も含めそれぞれの保管は厳重に行う必要があります。
マイナンバーが1つあるだけで、個人が特定されてしまうため、引越し先などどこにいても情報が確実について回ります。また、個人の保管を注意するだけでなく、個人番号を管理する団体、例えば自社や地方自治体などの公的機関も含め扱い方はしっかりと行う必要があります。

安易な扱いをしてしまうと、個人情報の漏えいにつながってしまい、個人個人が危機管理を意識する必要があり、これから入社する社員だけでなく、社員全員の意識を変えることも必要で、一人一人が情報漏えいの危機感を持つことが大切になってきます。
収入の証明書などの法定調書にも記載が必要とされるため、紛失しないように管理することが大切になってきます。



また、無暗に提出を促してくる機関には注意が必要で、誰かに預けるといった行為もしないように注意が必要です。