マイナンバーの収集方法

マイナンバー制度がすでに開始され、行政機関を中心に利用するようになってきました。


マイナンバーは公平で公正な社会を実現することと、行政の効率化を行うこと、そして国民の利便性を向上させることを目的に開始されました。

公平で公正は社会というのは例えば行政のサービスを同じように受けられる、不正な受給をなくすといったことであり、効率化ということではこれまで縦割りで管理されていたものを、横のつながりもできるようになり、連携がとれるようになり、結果的に国民の利便性も向上するということになります。
マイナンバーはすでに国民に通知カードという形で知らされています。

また個人番号カードを申請すれば本人確認ができるカードをもらうことができます。
企業などでは従業員の社会保険の手続きや税金の手続きのためにマイナンバーを収集しなければなりません。

収集の方法としては各従業員から紙面に金融する形となりますが、本人確認が必要となります。
要はその番号が本人のものか確認をしなければならないということです。



これらは個人情報でもあり法的に守らなければならないことがあります。



情報漏えいしないようするということで、物理的な管理や技術的な管理が必要です。収集して退職すれば廃棄するということも必要なのです。

このような収集業務は手間がかかることになり、費用も発生します。


そのため外部に委託するという方法もあります。



運用する仕組みを持っているところで管理をしてもらいリスクを減らすということです。